We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

SSDキャッシュ

SSDキャッシュ機能は高速、低レイテンシ性能を持つSSDの特性を最大限に活用し、頻繁にアクセスされるホットデータに対するリードパフォーマンス性能を向上させます。SSDキャッシュによりストレージ容量条件と高速IO性能条件を同時に満たし、パフォーマンス性能が大幅な向上が実現されます。SSDキャッシュはオンライントランザクション処理(OLTP)や電子メール(Microsoft Exchange)などのリードセンシティブなアプリケーション向けに最適な機能です。


SSDキャッシュの特長

キャッシュはデータを一時的に格納し、将来的なデータアクセスに対するシステム処理を高速、効率的に実現する技術です。ストレージ製品にとってキャッシュは基本要素であり、特にリードセンシティブなアプリケーション向けに有効な技術です。SSDキャッシュは高速なSSDを使用しキャッシュサイズを増加させ、頻繁にアクセスされるホットデータを格納することによりリードパフォーマンス性能を向上させます。SSDキャッシュのサイズを増加させることによりホットデータの格納領域を増やし、将来的なホットデータへのアクセス時のパフォーマンス性能を劇的に向上させることが可能なります。

SSD Cache

特長と概要
  • リードセンシティブデータに対するリードパフォーマンス性能の向上
  • SSDキャッシュを利用しない場合と比較して16倍のリード性能向上と88%の遅延時間の減少
  • 最大SSDキャッシュプールサイズ3.2TB、最大SSD搭載数8
  • 管理ソフトウェアSANWatch/ EonOneによるシンプルな機能設定と運用管理