View it in your browser
スケールアウトユニファイドストレージを使って HPCパフォーマンスを向上
 

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)は様々な規模で実施されています。多くの研究機関や企業において、学術または産業用アプリケーション向けに小規模HPCが使われています。それらは、遺伝子解析、気象学研究、地質構造解析などの分野に及びます。

U.2 NVMe SSDを搭載したEonStor GSスケールアウトユニファイドストレージは、小規模なHPC向けのソリューションにうってつけです。高い性能と大容量を提供するからです。更に重要なことは、利用するHPCの規模によって、柔軟な拡張が可能なことです。

 
 

なぜEonStor GSをHPCに使うのか

 
HPCの課題 1


処理しなければならない大小のファイルが多数あり、高い性能と大容量が求められる

EonStor GSのスケールアウトは、パフォーマンスと容量を最大4 台まで直線的に拡張できます。
 
 
 
HPCの課題 2


ランダムおよびシーケンシャルアクセスの双方を扱うため、高いIOPSとスループットが 要求される

EonStor GSはU.2 NVMe SSDをサポートすることで高いIOPSとスループットを低レイテンシと共に実現します。
 
 
 
HPCの課題 3


スケールアウトを用いてデバイスを追加した際ファイルパスに変更がないこと

EonStor GSは、スケールアウト後も1つの名前空間の同じディレクトリ内にデータを保持します。利用者は設定の変更無しに作業を続けることができます。
 
 
 
HPCの課題 4


実施中と終了したプロジェクトを管理するためストレージ効率の最適化が必要

EonStor GSは、階層化ストレージと自動階層化が使えます。それにより、複雑な要求が求められる実施中の プロジェクトではSSDの恩恵を受けることができ、終了したプロジェクトではHDDを利用できます。
 
 
詳細について
 
 

EonStor GSスケールアウトユニファイドストレージシリーズハイライト

 
4台までスケールアウトが可能
U.2 NVMe/SAS/SATA の各種SSDとHDDをサポート
1台のGSで最大22GB/sのスループットと1000KのIOPSを達成
スケールアウトとスケールアップを併用することで40PBの容量を提供
   
詳細について
 
 

Get Started

Infortrend営業担当へのお問い合わせ

お問い合わせ
 
©2022 Infortrend Technology, Inc. https://www.infortrend.com
LinkedIn Twitter Youtube Facebook