学校&教育機関

費用対効果が高い教育向けストレージ活用

学校、教育機関では教員や学生からのITインフラストラクチャに対する需要と要求が日々高まっていますが、予算ITシステム予算とITリソースは限られています。費用対効果の高いストレージソリューションを導入することにより、より少ないコストでより充実したシステムを導入する必要があります。EonStor GS、GSe Proシリーズ ユニファイドストレージはファイル共有(eラーニング)からデジタルライブラリまで、ファイルレベル(NAS)とブロックレベル(SAN)の両方のアプリケーションに対応します。最大1,792台のディスクによりRawデータサイズ20PB以上の容量が実現されます。豊富なホストインタフェースオプション、フォームファクタ、クラウドストレージゲートウェイ等の選択肢により、学校、教育機関は現在および将来にわたるストレージへのニーズを満たすことができます。

eラーニング / 遠隔クラスルーム
  • 3,600MB/s以上のスループットによる高速ファイル共有
  • 最大20,000ユーザー、512ユーザーグループをサポート
  • 共有フォルダ最大デバイス接続数2,048
デジタルライブラリ

日々増加するデジタルライブラリのストレージ容量に対応可能な20PB以上の最大拡張容量

Do More with Flexible & Cost-Effective Storage for Education

教育機関向けハイブリッドクラウドストレージ

クラウドストレージにより学校、大学からのデータアクセス範囲が広がります。クラウドストレージを使用することにより教員、学生によるファイル共有、編集、保存が可能となり、全てのコンテンツをバックアップできるので、データ紛失、損失や誤削除からのリストアが可能となります。EonStor GScハイブリッドクラウドストレージアプライアンスは、学校、大学のクラウドサービスへの展開を合理的に実現するよう設計されています。

  • ローカルストレージとクラウドストレージそれぞれに対してカスタマイズ可能なストレージポリシー
  • ローカルストレージとクラウド保存データを同期し、ネットワーク化されたストレージとしてファイル共有、クラウドサービスを提供
  • EonStor GScローカルストレージとクラウドに配置するデータを独自アルゴリズムにより最適にアサインし、ストレージのパフォーマンスとセキュリティを向上
  • クラウドストレージおよびネットワークデータ転送時の完全暗号化。AES-256暗号化および自己暗号化ドライブ(SED)により悪意のある攻撃からデータを保護
Hybrid Cloud Storage for Schools, Colleges, and Universities

クラウド利用 遺伝子情報ビッグデータ解析

  • 遺伝子シーケンサーは100万のデータを72時間ごとに生成し、5つのシーケンサーは高性能ローカルストレージに接続
  • EonCloud Gatewayから自動的にデータセットをクラウドに同期
  • クラウド保存データは、クラウド上の同期ツールを介して高性能クラウドコンピューティングNASに同期
  • クラウドコンピューティングクラスターにより遺伝子データを計算
  • 遺伝子データ計算結果をEonCloudゲートウェイ経由でローカルストレージに同期
  • クラウドストレージは遺伝子データのリモートバックアップも可能
Big Data Analysis for Gene Banks on the Cloud

ニュースレターを購読する

If you'd like to receive Infortrend's newsletter, including the latest product information and event updates, please submit your request and be sure to select your language of preference. Thank you.

A confirmation email will be sent to you after submission. Please follow the instruction in it to finish your subscription.