We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

認証

Microsoft WHQL 2016
Microsoft WHQL 2016

「Certified for Windows Server 2016」ロゴは、ハードウェア部品、装置、ドライブ、システムおよびソリューションがWindows Server 2016 O/Sに互換性と推奨される使用方法においてMicrosoftの標準を満たすことを表します。Windows Serverロゴにより認証された製品やソリューションはHyper-V環境においても完全にサポートされます。

Microsoft WHQL 2012 R2
Microsoft WHQL 2012 R2

Microsoftによる認証によって、Infortrendのストレージシステムは、改善されたリモートコンピューティング、クラウド、仮想化機能が追加されたWindows Server 2012の最新のバージョンに対して互換性を保証します。Infortrendのシステムは、これらの拡張機能をクラウドコンピューティングと仮想化に対する強化策の一部として取り込むため、新しいバージョンへの円滑なアップグレードが可能です。

Microsoft WHQL 2012
Microsoft WHQL 2012

このロゴは、この製品がMicrosoft Windows Server 2012の基準に適合し、Windows O/Sと共に稼働するようデザインされていることを表します。

Microsoft WHQL 2008 R2
Microsoft WHQL 2008 R2

このロゴは、この製品がMicrosoft Windows Server 2008 R2の基準に適合し、Windows O/Sと共に稼働するようデザインされていることを表します。

Microsoft WHQL 2008
Microsoft WHQL 2008

このロゴは、この製品がMicrosoft Windows Server 2008の基準に適合し、Windows O/Sと共に稼働するようデザインされていることを表します。

VMware Ready Certified
VMware Ready Certified

Citrix Readyロゴがある製品は、Citrixとの互換性があり、安心して使用できる製品であることを表します。

Citrix Ready Certified
Citrix Ready Certified

Citrix Readyロゴがある製品は、Citrixとの互換性があり、安心して使用できる製品であることを表します。

VEEAM Backup & Replication
VEEAM Backup & Replication

バックアップとリプリケーションを1つのパッケージに収めた最新の人気ソフトウェアセットによって検証された製品であることを表します。Infortrendのストレージは、WANのスピードアップ、テープのサポート、Hyper-VとvSphereのBackup Lab、その他において優位性を持っています。そのため、データやアプリケーションのバックアップと復旧を簡単で安全に行えます。

ISO 9001:2015
ISO 9001:2015

Infortrendは、高品質標準として知られたISO9001:2015の認証を受けた製造業者です。

 ISO 9001認証のダウンロード

ISO 14001:2015
ISO 14001:2015

Infortrendは、高品質標準として知られたISO14001:2015の認証を受けた製造業者です。

 ISO 14001認証のダウンロード

FCC Class A Radio Frequency Interference Statement
FCC Class A Radio Frequency Interference Statement

この機器は、FCC規則第15条(47 CFR, Part 2, Part 15 and CISPR PUB. 22 Class A)に基づいたクラスAデジタル装置として、テストされ、制限に準拠することが確認されています。制限とは、住居地域においてこの機器が操作された場合、有害な干渉に対する十分な保護が行われるよう設計されていることです。この機器は、高周波エネルギーを生成し、使用し、放射できます。もし、ユーザガイドに基づく当該制限が実装されたり使われたりしなければ、無線通信に有害な干渉を引き起こす可能性があります。ただし、特定の状況において干渉が発生しないことを保証するわけではありません。

CB
CB

この装置は、装置を使用する人および装置の周囲に対して十分な安全レベルを確立することに関して、電気機器の CB 規格の要件を満たしています。この規格は、この装置の安全面を規定しているだけです。形状や性能などのその他の要件については、規定していません。

CE
CE

この装置はEMCに準拠しています。

BSMI
BSMI

ITE BSMI Class A

UL
UL

この装置は安全についてのUL規格に準拠しています。