We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

ディスク拡張筐体 / JBOD

高信頼性ディスク拡張筐体
SAS 12Gb/s インタフェースサポートJBOD

Reliable expansion enclosures / JBOD with SAS 12Gb/s connection - Expansion Enclosure / JBOD

Infortrendは必要に応じてストレージ容量を効率的に拡張することが可能な専用JBOD拡張筐体を複数モデル用意しています。JBODシリーズ製品はストレージ製品と同様にInfortrend技術により自社設計、開発された製品です。製品ラインアップとしてデスクトップタイプの8ベイモデルから、2U 12ベイ、3U 16ベイ、さらに高密度実装タイプの2U 24ベイ、4U 60ベイモデル等を用意しています。JBODシリーズはハードウェアモジュラー・冗長化設計により高可用性を実現し、全ての製品は冗長電源構成、80 PLUS規格取得済みであり、多くの製品がデュアルコントローラ構成に対応し高信頼性を実現し、お客様のストレージ製品へのディスク拡張要求に最適なモデルを提供することが可能となります。

ラックマウントタイプ・ストレージ向けJBOD

EonStor DS/ GS/ GSe/ GSe Proシリーズ向けJBODとして、ラックマウントタイプ、3.5インチタイプ 2U 12ベイ、3U 16ベイ、 2.5インチタイプ 2U 24ベイ 、2U 25ベイ、大容量タイプ 4U 60ベイ等のモデルを用意しています。全てのJBOD製品はSAS 12Gb/sインタフェース、ケーブルレス・モジュラーデザインをサポートし、高いパフォーマンス性能とメンテナンス性能を実現します。

デスクトップタイプ・ストレージ向けJBOD

EonStor GSe Pro 200シリーズ向けJBODとして、デスクトップタイプ、8ベイモデルを用意しています。GSe Pro 200シリーズと同じSATA 6Gb/sインタフェースをサポートし、コンパクトかつ静音設計を実現するJBOD製品はリモートオフィスやブランチオフィス等のストレージ設置スペースが制限されるお客様向けに最適な製品です。

ラックマウントタイプ・ストレージサーバ向けJBOD

EonServ 5000/ 7000 シリーズ向けJBODとしてラックマウントタイプ、3.5インチタイプ 2U 12ベイ、3U 16ベイ、 2.5インチタイプ 2U 24ベイ、大容量タイプ 4U 60ベイ等のモデルを用意しています。全てのJBOD製品はSAS 12Gb/sインタフェース、ケーブルレス・モジュラーデザインをサポートし、高いパフォーマンス性能とメンテナンス性能を実現します。

ドロワー/カバータイプの2種類のモデル

JBODシリーズ大容量タイプ 4U 60ベイモデルはディスク収容方式としてドロワータイプとカバータイプの2種類のモデルを用意しています。ドロワータイプは60台のディスクを20台ずつ3セットのドロワーに分割し、ディスク交換を実施する場合は全てのディスクを引き出すことなくディスクが収容されている1つのドロワーだけを引き出し、ディスク交換を行うことが可能となります。カバータイプはシンプルな構造設計による低価格な製品を実現したモデルであり、コストパフォーマンス性能が高いJBOD製品を求めるお客様向けに最適な製品です。

Drawer Type and Cover Type Design

多様なフォームファクタモデルのラインアップ

JBODシリーズは2U 12ベイ、2U 24ベイ 、2U 25ベイ、3U 16ベイ、4U 60ベイ等の多様なフォームファクタモデルをラインアップしており、パフォーマンス・コストから選定したシリーズ製品から将来的なデータサイズ増加を考慮した最適なフォームファクタモデルを選択することができます。

Multiple Form Factors to Choose From

ケーブルレス・モジュラーデザイン

JBODシリーズは電源、ファン等の主要なハードウェアコンポーネントがケーブルレス・モジュラー設計を採用しており、コンポーネント故障時のメンテナンス作業はホットスワップ対応コンポーネント交換により短時間で容易に作業を完了させることが可能となります。ハードウェアコンポーネントのケーブルレス・モジュラーデザインによるダウンタイムの無いシステム連続稼働が実現されるため、提供されるITサービスの信頼性、安定性を飛躍的に高めることが可能となります。

Maintain non-stop services and increase productivity and competitiveness