We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

EonCloud Gateway

概要
ライセンス
FAQ
リソース

エンタープライズ向けクラウドゲートウェイソリューション

EonCloud Gateway は Infortrend ユニファイドストレージのクラウド連携データサービスであり、クラウドを利用する企業が Amazon S3、Microsoft Azure、Alibaba Cloud、Google Cloud等のクラウドサービスとローカルストレージを統合します。EonCloud Gateway は性能、用途に応じてクラウドキャッシュ、クラウドバックアップ、クラウド階層化等の機能を実現します。

Cloud Provider - Amazon S3
Cloud Provider - Microsoft Azure
Cloud Provider - Alibaba Cloud
Cloud Provider - Google Cloud
Cloud Provider - OpenStack
Cloud Provider - Baidu Cloud
Cloud Provider - Tencent Cloud
Cloud Provider - Wasabi Cloud
Cloud Provider - Yandex Object Storage
Cloud Provider - hicloud

Sync with the Cloud in 3 Steps

Infortrend EonCloud Gateway を導入することにより IT システムやアプリケーションの変更は不要となり、新しいソフトウェアやサーバを導入する必要もありません。ローカルストレージに保存されるデータをクラウドサービスへ接続することが可能となり、世界中の誰とでもシンプルにファイル共有を行うことができるようになります。


主な特長
既存ITシステム、アプリケーションの容易なクラウドインテグレーション

EonCloud Gateway はローカルストレージとクラウドサービス間で汎用プロトコル (NFS/CIFS/iSCSI/Fibre Optic) によるファイルレベルとブロックレベルデータ転送を実現します。既存 IT システムやアプリケーションを更改する必要は無く、クラウドサービス連携を容易に実現することが可能となります。

Easy Cloud Integration with the Existing IT Environment and Applications
柔軟なキャッシュポリシーによるデータアクセス効率の向上

EonCloud Gatewayは様々なキャッシュポリシーを設定することにより頻繁にアクセスされるホットデータのアクセス速度を向上させます。キャッシュポリシー設定は数クリックで完了します。

  • デフォルト
    システムは最初に長期間アクセスされていないファイル/フォルダをキャッシュから削除します。この動作は設定されたキャッシュポリシーに関わらず全てのファイル/フォルダへ適用されます。
  • 高プライオリティ
    システムはキャッシュに保存される特定のファイル/フォルダへ高プライオリティを設定し、ローカルストレージ容量がフルとなった際にキャッシュから削除します。
  • ローカルオンリー
    システムはローカルストレージに書き込まれたデータをクラウドへアップロードしません。
  • 低プライオリティ
    システムはキャッシュに保存される特定のファイル/フォルダへ最低の保存容量を設定し、ローカルストレージ容量がフルとなった際にキャッシュから削除します。
  • 適用対象外 (Not Applicable)
    システムは特定のファイルパス/名前に該当するファイルは作成せず、該当ファイルに対するアクセスを拒否します。
  • アンキャッシュブル・リード (Uncacheable Read)
    システムは特定のファイル/フォルダへのリードアクセス時にキャッシュを使用しません。
  • アンキャッシュブル・ライト (Uncacheable Write)
    システムは特定のファイル/フォルダへのライトアクセス時にクラウドへデータをアップロードし、キャッシュを使用しません。
Flexible Cache Policies Improve Efficiency of Data Access
企業利用データのセキュリティ確保と保護

企業が利用するデータをパブリッククラウドサービスへ保存する際にデータへの不正アクセスやデータ破損は最も心配されるリスクとなります。EonCloud Gateway はセキュリティ確保、データ保護を実現します。

  • 固有の暗号キーを利用する複合方式により第三者によるパブリッククラウド保存データの復元は不可
  • SSL 暗号化方式によりクラウド保存データアクセス時のセキュリティを確保
Secure and Protect Enterprise Data
クラウド保存データとネットワーク帯域コストの削減

クラウドストレージのコストはクラウドへ保存されるデータ容量と利用するネットワーク帯域により決まります。EonCloud Gateway はビルトイン・データ圧縮/重複排除機能によりクラウド保存データ容量とネットワーク帯域は減少し、クラウド利用コストは削減されます。

  • データ圧縮 - データサイズを圧縮することにより高速データ転送とデータ保存効率向上を実現
  • 重複排除 - 重複または冗長データを削除することによりクラウド保存データサイズを削減
Saving Cost on Cloud Storage and Network Bandwidth

ハイライト
クイックセットアップ-素早くシンプル

EonCloud Gatewayは5つのクイックセットアップによりローカルストレージ共有フォルダ/ボリュームとクラウドサービスの接続を容易に設定することが可能です。

  • クラウドファイルキャッシュ
    システムはローカル共有フォルダのデータをクラウドへアップロードします。ローカルストレージではアクセス時間を高速化するため利用頻度が高いデータをキャッシュへ保存します。
Cloud File Cache
  • クラウドファイル Sync
    システムはローカル共有フォルダのデータをクラウドと同期させます。ローカルストレージシステムがダウンした場合でも共有フォルダ保存データは利用可能となります。
Cloud File Sync
  • クラウドボリューム・リプリケーション
    システムはローカルボリュームをクラウドへリプリケート (コピー) し、同期させます。ローカルストレージシステムがダウンした場合でもボリュームデータは即時に利用可能となります。
Cloud Volume Replication
  • クラウドアーカイブ・ストレージ
    システムはローカル共有フォルダの全データをクラウドへアップロードし、ローカルボリュームをファイルアップロード時のバッファとして利用します。
Cloud Archiving Storage
  • クラウドティアリング (階層化)
    システムはローカルストレージを2階層に分割し、データのアクセス頻度に応じてアクセス頻度が高いデータはアクセス速度を向上させるためローカルストレージへ保存し、アクセス頻度が低いデータはクラウドへ保存します。
Cloud Tiering
ファイルアクセス権管理

EonCloud GatewayのACL (Access Control List) 同期は複数台のストレージからクラウドサービスへ接続する際にリード/ライトのアクセス権管理設定を維持します。

File Permission
モニター

EonCloud Gateway のクラウド接続ステータスやシステムパフォーマンスモニタ機能により IT システム管理者はストレージのクラウド接続状態を容易に監視することができ、必要に応じた構成、設定変更等を即時に実施することが可能となります。

  • クラウドステータス - 接続中や停止などのクラウド接続状態を表示
  • ネットワーク転送データ容量
  • ローカルアクセスデータ容量
  • キャッシュヒット率/使用量
EonCloud Gateway - Monitor

ユーズシナリオ

EonCloud Gateway のクラウド管理機能、パフォーマンス、データ保護機能によりクラウドストレージシステムの様々な要求条件に適応した構成、設定を実現することが可能となります。

ハイパフォーマンス
  • ブロックレベル/ファイルレベル クラウドキャッシュ
    EonCloud Gateway によりローカルストレージとクラウドストレージを階層ストレージシステムとして統合することが可能となり、クラウドストレージはアクセス頻度が低いコールドデータ保存に、ローカルストレージはアクセス頻度が高いホットデータを保存し高速アクセスを実現します。
Block- and File-level Cloud Cache
  • ブロックレベル クラウドティアリング (階層化)
    EonCloud Gateway はローカルストレージとクラウドを階層化ストレージとして統合します。システムはローカルストレージを2階層に分割し、データのアクセス頻度に応じてアクセス頻度が高いデータはアクセス速度を向上させるためローカルストレージへ保存し、アクセス頻度が低いデータはクラウドへ保存します。
Block-Level Cloud Tiering
セキュリティとデータ保護
  • File-Level Cloud Sync
    EonCloud Gateway は片方向、双方向同期によりローカルストレージとクラウドに保存されるデータを更新します。データ同期機能により企業が利用するデータが同期され、ディザスタリカバリ対策を容易に実現することが可能となります。
File-Level Cloud Sync
  • ブロックレベル クラウドバックアップ
    企業が利用するデータをローカルストレージとクラウドの両方に保存し、クラウドサービスをリモートバックアップとして利用することが可能となります。
Block-Level Cloud Backup

ライセンス
Type EonCloud Gateway Standard Enterprise Ultimate
ファイル キャッシュ/Sync モード V V V
最大キャッシュ設定数 5 (90-day trial) 5 10
キャッシュポリシー パラメータ All (90-day trial) Default (LRU)/ Low Priority/ High Priority/ 90-day trial for others All
最大接続フォルダ数 5 5 32
フォルダキャッシュサイズ ≤ 1TB ≤ 2PB ≤ 2PB
ブロック キャッシュ/バックアップ/ 階層モード V (90-day trial) V V
最大接続ボリューム数 5 5 32
クラウドボリューム容量 ≤ 1TB ≤ 2PB ≤ 2PB

ライセンスアップグレード
Models Standard Enterprise Ultimate
GS 1000/GSe/GSe Pro Default V X
GS 2000/3000/4000/5000 Default V V
GSa Family Default V V
GSc 2000/3000 - Default V
GSc 5000 - - Default
GSi Family Default V V
: EonCloud Gatewa は最低8GBのメモリが必要です。Default ライセンスからアップグレード可能な上位ライセンスはモデルにより異なります。

FAQ
SyncCloud と Cloud Gateway のサポートは継続しますか?

はい。SyncCloud と Cloud Gateway のサポートは継続しますが、今後機能追加やパフォーマンス改善は行いません。

Cloud Gateway ライセンスを購入済みでありファームウェアをアップデートする場合はどうすれば良いですか?

Cloud Gateway ライセンスは EonCloud Gateway Enterprise ライセンスへアップデートされます。ファームウェアアップデートを実行した際に Cloud Gateway から EonCloud Gateway へアップデートすることを伝えるメッセージが表示されます。