We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

EonStor DS シリーズ

SMB/エンタープライズ・高可用性
SAN/DASストレージ

Enterprise-class High Availability SAN Storage - EonStor DS

EonStor DSシリーズはSMBからエンタープライズ向けに設計されたデュアルコントローラ高可用性SANストレージ製品です。マルチフォームファクタ・複数ホストボードオプション・高い信頼性と安定性を実現するハードウェアと、豊富なデータサービス・シンプルでユーザフレンドリなGUIを提供するソフトウェアにより構成され、データベース、仮想化環境、メディア編集、監視システム、バックアップ用途SANストレージとして最適な製品です。エントリーモデルからハイパフォーマンスモデルまでの幅広い製品ラインアップから、要求されるストレージ性能条件をコストパフォーマンスが優れた製品価格により提供することが可能となります。

エンタープライズクラス・ハイパフォーマンス
ストレージソリューション

EonStor DS 4000/3000シリーズは大量の高負荷IO、ファイル転送を高速に処理することが可能な高いパフォーマンス性能を有するSANストレージであり、SMBからエンタープライズクラスまでをカバーするハイパフォーマンス・ストレージとして最適な製品です。多様なフォームファクタに対応し、最大4台搭載可能なオプションホストボードにより様々なアプリケーションやアーキテクチャ向けストレージへの適用が可能であり、高いパフォーマンス性能と拡張性能によりミッションクリティカル要件ストレージとして十分な性能を発揮します。DS 4000シリーズはハイパフォーマンス・ストレージを求めるお客様へ、DS 3000シリーズはパフォーマンスとコストのバランスを求めるお客様向けに最適な製品です。

エントリークラス・コストパフォーマンス
ストレージソリューション

EonStor DS 2000/1000シリーズはROBOからSMBクラスへ適用するエントリーレベル・SANストレージ製品であり、SANワークロードをサービス停止させず、データバックアップも含めてストレージデータ処理を高い効率により実行することが可能です。DS 2000/1000シリーズは4PB以上のデータサイズとオプション・モジュラーホストボードをサポートし、将来的なストレージデータ増加とシステムアーキテクチャ変更に十分に対応することができます。DS 2000シリーズはIOPS性能を要求されるお客様へ、DS 1000シリーズは限定された予算内で汎用ストレージ製品をお探しのお客様へ最適な製品です。

大容量データサイズサポート・ストレージ

IT技術の進展によりストレージへ保存されるデータサイズは年々増加する傾向となります。EonStor DSシリーズはストレージへ要求されるデータサイズ要求条件に対して本体と大容量ディスク拡張ユニット(JBOD)を組み合わせることによりTBクラスからPBクラスのデータサイズを実現するストレージシステムを1システムで実現します。

Massive Capacity in One Storage System

ハイパフォーマンス性能と
豊富な高速ホストインタフェースオプション

高速インタフェースを有するサーバアーキテクチャ構築は企業ITシステムのトレンドとなっています。EonStor DSシリーズは最大リード/ライトスループット 11,000/5,500 MB/s、700K IOPSのパフォーマンス性能を実現し、16Gb/s FC、40Gb/s iSCSI 等の高速ホストインタフェースをサポートし、エンタープライズクラス・ミッションクリティカルアプリケーション向け高速ストレージとして十分に高い性能を発揮します。

Boost Performance with High Bandwidth Protocol

SANWatch—シンプルGUIインタフェース
ストレージ管理ソフトウェア

EonStor DSシリーズ・ストレージ製品の機器設定、運用管理は専用GUI管理ソフトウェアSANWatchにより実現されます。SANWatchのマルチインタフェースデザインによりDSシリーズ製品のパフォーマンスや容量等をモニタすることが可能となり、ストレージ機能全般設定を容易に実行することが可能となります。

SANWatch - an Easy-to-use Interface for Storage Management

多様なフォームファクタモデルのラインアップ

EonStor DSシリーズは2U 12-bay、2U 24-bay、3U 16-bay、4U 24-bay等の多様なフォームファクタモデルをラインアップしており、パフォーマンス・コストから選定したシリーズ製品から将来的なデータサイズ増加を考慮した最適なフォームファクタモデルを選択することができます。

Multiple Form Factors to Choose From

多数のホストインタフェースオプション

企業ITシステムで運用されるサービス、アプリケーションは非常に幅広く、必要とされるホストインタフェースの種類、スピードもそれぞれ異なります。EonStor DSシリーズは 8Gb/s FC、16Gb/s FC、32Gb/s FC、1Gb/s iSCSI、10Gb/s iSCSI、40Gb/s iSCSI、12Gb/s SAS 等の豊富なホストインタフェースオプションをサポートし、全ての企業サービス・アプリケーションに適用する高速で信頼性が高いデータストレージサービスを提供します。

Rich Host Interface in DS Family

キャッシュプロテクション機能

Infortrend キャッシュプロテクション技術はスーパーキャパシタとフラッシュモジュールにより予期せぬ電源障害発生時のキャッシュデータ保護を実現します。フラッシュモジュールへ保存されたキャッシュデータは電源復旧時にディスクドライブへリストアされます。スーパーキャパシタは定期的な部品交換は不要であり、ストレージシステムのメンテナンスコスト削減に貢献します。

Cache Backup Technology

ケーブルレス・モジュラーデザイン

EonStor DSシリーズは電源、ファン、コントローラ、ホストボード等の全てのハードウェアコンポーネントがケーブルレス・モジュラー設計を採用しており、コンポーネント故障時のメンテナンス作業はホットスワップ対応コンポーネント交換により短時間で容易に作業を完了させることが可能となります。ハードウェアコンポーネントのケーブルレス・モジュラーデザインによるダウンタイムの無いシステム連続稼働が実現されるため、提供されるITサービスの信頼性、安定性を飛躍的に高めることが可能となります。

Modular Design

AVオプティマイゼーション機能

EonStor DSシリーズのAVオプティマイゼーション機能によりファームウェアは複数シーケンシャルIOを自動的に検出し、ビデオ等のメディアストリームに対するプレリードキャッシュサイズを最適化するため、メディア処理動作においてフレームドロップは発生せず、安定したスループット性能が実現されます。

Designed for AV applications

EonStor DS Family Portfolio