We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

EonStor GSファミリー

企業向け高可用性スケールアウトユニファイドストレージ

Scale-out Unified Storage with High Availability for Enterprises
概要

EonStor GSはSAN、NAS、クラウドサービスを統合した企業向けユニファイドストレージソリューションです。スケールアウト機能があるため、パフォーマンスや容量の拡張が柔軟に行えます。

EonStor GSは、幅広い製品ラインナップを取りそろえているため、ご要望とご予算に応じたストレージデバイスを選択することが可能です。ハードウェア的には、様々なフォームファクタやホストボードを選択でき、モジュラー設計による信頼性を実現し、高い拡張性を持っています。ソフトウェアの面では、EonStor GSは豊富で付加価値のあるデータサービスと簡単に使える管理ツールを提供します。

EonStor GSは、搭載するドライブ別に3種類の製品タイプがあります。U.2 NVMe SSD、3.5” SAS HDD、2.5” SAS SSDです。ご要望のソリューションが高いパフォーマンスを必要とする物であれ、大容量を必要とする物であれ、EonStor GSは、それら全てをカバーする製品を提供します。


製品

U.2 NVMeオールフラッシュストレージ

SSDと比べて非常に高いパフォーマンスと低いレイテンシを実現します。このシリーズには、多くのアプリケーションに対応するため、高性能モデルとコスト効率の良いモデルがあります。

高性能モデル

EonStor GS 4000U とGS 3000UT は、高いパフォーマンスと低いレイテンシが必要なアプリケーションを処理するため、非常に高いIOPSとスループットを提供します。

For Demanding Workloads
パフォーマンスが必要な業務
最大1100K IOPSと24GB/sの読み取りスループット、12GB/sの書き込みスループットを提供できるため、これらのモデルは、データベース、HPC、M&Eアプリケーションに最適です。
100GbE
100GbE RDMA
GS 4000U は100GbE RDMAをサポートし、単一のポートで最大12GB/sのスループットを提供できるため、HPCおよび4K/8Kのポストプロダクション作業に最高の選択肢となります。
PCIe Gen 4 Drives
PCIe Gen 4ドライブ
市場で主流のPCIe Gen 4 SSDドライブをサポートしてるため、PCIe Gen 3の2倍の帯域幅が使え、ストレージパフォーマンスを強化します。
コスト効率の良いモデル

EonStor GS 3000UとGS 2000Uは、安価にしかもU.2 NVMe SSDのパフォーマンスを生かせる大容量ソリューションを築くのにうってつけのストレージです。

For Capacity-Hungry Workloads
大容量を必要とする業務
大容量のU.2 NVMe SSDをサポートし、JBODを繋げば、最大896台のSSDを搭載できます。スケールアウトによる拡張を使えば、このストレージソリューションでは 50 PB以上の容量を提供できます。
Hybrid Storage
ハイブリッドストレージ
自動階層化により、ホットデータをSSDに、コールドデータをHDDに配置できるため、高性能と大容量のどちらの要望をしかも安価に満たすことができます。
Data Reduction
データ削減
データをリアルタイムで圧縮するインライン圧縮と重複するデータを削除するオフライン重複排除を使えば、ストレージスペースを最大66%低減できます。

SAS HDDストレージ

EonStor GS 4000 G3とGS 3000 G3は、最新のIntel Xeon-D CPUを搭載し、幅広い製品ラインナップを備えています。それは、2U 12-bay、3U 16-bay、4U 24-bayのモデルと高密度の4U 40-bayおよび4U 60-bayのアプライアンスです。この中から要求に最適な製品を選ぶことができます。

High Write Throughput
高い書き込みスループット
最大12GB/sの書き込みスループットを提供します。即ち、前世代に比べ性能が50%向上しました。そのため、HPCのように高いスループットが求められるアプリケーションに最適です。
High-Density Design
高密度設計
4U 40-bayと4U 60-bayモデルは、大容量を小さなスペースで提供します。それにより、スペースの有効利用と使用電力の削減ができます。
PB-Level Capacity
PBレベルの容量
大容量のHDD搭載とともにスケールアップやスケールアウトを使った拡張により、簡単にストレージ容量を50 PB以上に拡張できます。

EonStro GS 2000とGS 1000は企業で必要となる機能を備えたエントリーレベルのユニファイドストレージソリューションです。全ての種類の軽いSANおよびNAS業務を驚くべき低価格で効果的に管理できます。


SAS SSDオールフラッシュストレージ

高性能: SAS SSDシリーズは高いIOPSと高いスループットを共に提供します。最大900K IOPSと11GB/sの読み取りスループット、8GB/sの書き込みスループットにより、企業に不可欠である様々なアプリケーションに対応します。

高い拡張性: 2.5” SAS SSD JBODを繋げば、EonStor GSは1システムで800台以上のSSDを搭載可能です。

スマートなSSD管理: 組み込まれた知的アルゴリズムにより、EonStor GSはSSDの寿命を延ばすとともに、複数のSSDが同時に寿命を迎えることがないようにします。更に、GSはSSDの使用方法をリアルタイムでモニターし、SSDの寿命が尽きる前に管理者に知らせます。


機能

スケールアウト

最高の拡張方法です。EonStor GSはスケールアウトによる拡張をサポートしています。それにより、パフォーマンスと容量を必要に応じて簡単に拡張できます。

スケールアウトアーキテクチャによりGSはブロックレベルとファイルレベルの双方の環境でパフォーマンスと容量を直線的に増加することができます。1台のGSで、パフォーマンスまたは容量が足りなくなった場合、単にGSアプライアンスを最大4台になるまでクラスタに追加するだけです。GSはスケールアップによる拡張もサポートしていて、拡張筐体を使うことで、最大896台までのドライブを搭載して、容量を増加することができます。

Scale-out: Easy Expansion and Management

パワフルだけど使うのが簡単

便利な単一名前空間: GSのスケールアウト機能では、複数のGSユニットを単一のファイルシステムに統合します。全てのフォルダやファイルが、単一のrootディレクトリからアクセスできます。それにより、データの検索や利用が簡単になります。例えば、元々ファイルが異なるGS上にあって、バラバラのパスが必要だった (例えば、\\server01、\\server02、\\server03) 場合でも、スケールアウトアーキテクチャでは同じパス (例えば、\\server01) から辿ることができます。そのため、どのGSにあるかを考える必要はありません。

IT部門のストレージ管理の煩雑さを削減する自動バランシング: 自動バランシングは、データ移行に対する知的なアシスタントです。データ移行に必要な場所をIT部門が定義したフォルダの属性と移行方針(例えば特定のデータはSSDに保存など)に従って自動的に探して、推奨します。それにより、ITスタッフが負う手作業による計画とデータ移行の煩雑さを減らします。

EonStor GS Powerful but Easy-to-Use

高いストレージ効率

EonStor GSにはインライン圧縮とオフライン重複排除が実装されています。それにより、必要なストレージ容量を削減し、ひいては、ストレージコストの削減に繋がります。更に、重複排除はスケジュールを設定したり停止したりすることができます。それにより、実働中のパフォーマンスに影響を与えることを避けたり、保守管理を柔軟に行えたりすることができます。

アプリケーションで必要があれば、GSをハイブリッドアーキテクチャに構成することができます。更にストレージの自動階層化とSSDキャッシュを使えば、低価格で高性能かつ大容量ストレージシステムを構築できます:

  • ストレージの自動階層化は、U.2 NVMe SSDのパフォーマンスとNL-SAS/SATA HDDの大容量を生かすため、SSDを本体で使い、HDDを拡張筐体に搭載することができます。
  • SSDキャッシュは、SANストレージで、読み取りパフォーマンスを向上するため、少数のSSDをGS上でキャッシュとして使います。同様にNASストレージでは、読み取り/書き込みパフォーマンスとファイル操作が向上できるため、より良いユーザー体験を提供できます。
High Storage EfficiencySSDとHDDの長所を生かすハイブリッドストレージ

New Level of High Availability

EonStor GS offers active-active HA service to deliver continuous services, making it an ideal solution for business-critical applications with an extremely low tolerance for downtime. Organizations can leverage the features of the HA service to easily cope with planned or unplanned events such as outages, system maintenance, and human errors.

  • Auto-failover and failback ensure nondisruptive operations, achieving a near-zero RTO (recovery time objective): Monitored by a witness server, the HA service provides an automatic transition in service between two storage devices when one of them fails, as well as when it resumes service. With continuous availability, users will not notice an interruption in service.
  • Synchronous remote replication ensures no data loss, achieving a zero RPO (recovery point objective): The HA service constantly replicates identical and complete copies of data from one storage device to the other, so that both are ready to provide service anytime, eliminating the risk of data loss in case of an issue.
  • Fully utilize storage resources with active-active architecture: By assigning both storage devices to deliver service simultaneously, you get to optimize your storage resources to a greater extent compared to active-passive clusters.
New Level of High Availability

SSDのスマートな管理

EonStor GS U.2 NVMeオールフラッシュストレージとEonStor GS SAS SSDオールフラッシュストレージにはSSDのためにデザインされた知的アルゴリズムがあります。このアルゴリズムは、SSDの寿命を延ばすために書き込み回数を減らすだけでなく、データ損失が起こらないように複数のSSDが同時に寿命が尽きることを防ぎます。更に、EonStor GSは、各SSDの残り寿命を推測し、SSDの寿命が尽きる前に交換するよう管理者に促します。

Smart Management for SSD - Extend Lifespan
寿命の延長
Smart Management for SSD - Prevent Simultaneous Failures
同時破損の防止
Smart Management for SSD - Alert Before SSD Fails
SSD破損前の警告

完璧なデータ保護

データ損失は全ての企業にとって災難です。EonStor GSは様々なデータ保護機能を用意しています。第一に、ドライブ障害が起きた場合でもデータが無傷で残るようにRAIDによってドライブが保護されます。バックアップの観点から、GSはスナップショットとボリュームコピーをローカルおよびリモートのバックアップソリューションとしてサポートしています。企業の最高のバックアップオプションとして、GSはフォルダスナップショットをサポートしています。それにより、高いバックアップ効果を最小の容量で行えます。

EonStor GSはWORMもサポートしています。それは、重要なセキュリティ機能で、ランサムウェアの攻撃に対するデータの防御を行います。その方法はデータを「ロック」状態において、あらゆる改変、削除、上書き、それにランサムウェアによる暗号化を無効にします。

Complete Data Protection: Reduce the Risk of Data Lossローカルおよびリモートバックアップソリューション

豊富なホストインターフェース

企業の使うアプリケーションは様々なため、必要とされる通信インターフェースもアプリケーションごとに様々です。Infortrendは様々な通信インターフェースをSAN環境のために提供しています。それらは、8Gb/s FC、16Gb/s FC、32Gb/s FC、1Gb/s iSCSI、10Gb/s iSCSI、40Gb/s iSCSIと12Gb/s SASで、全てのアプリケーションと互換性を持っています。更に、1GbE、10GbE、25GbE、40GbEと100GbEポートもネットワーク環境に対応するため提供され、素早く信頼性の高いデータ共有とデータ転送品質の向上に役立っています。

Rich Host Interfaces for Various Workloads

クラウド統合ソリューション

企業データをクラウドと統合することは、今後のトレンドです。EonStor GSは、必要に応じてファイルやブロックレベルのデータをパブリックもしくはプライベートクラウドに移動することができます。クラウド統合では、使用頻度の低いデータをクラウドへ移動することによるアクセスの低コスト化に加えて、データをクラウドスペースにバックアップすることでリモートバックアップ体制を確立して、可用性の高いデータセンターを作成することもできます。

Cloud-Integrated Solution

直感的な管理ソフトウェア

EonStor GSは、ユーザをアシストすることでストレージとサービスの利用効率を改善し、生産性を高めるため、EonOneとEonViewを提供します。

EonOneはWebベースのソフトウェアツールで、直感的な管理インターフェースを用いています。これにより、ITスタッフは、クラスタや複数のアプライアンスの管理が簡単に行え、パフォーマンスや容量利用を監視でき、システムの構成もすべてできます。しかもそれを、集中的な一つのインターフェースを通して行えます。

EonViewはWindowやmacOSの一般的なユーザ向けのクライアントベースのユーティリティです。それにより、ユーザアカウントやストレージ上限などのファイル共有に必要なストレージシステムの設定を簡単に行えます。

Intuitive Management SoftwareEonOneインターフェース

モジュラーハードウェア設計

電源、ファン、コントローラからホストボードまで、全てのInfortrend製品は部材のモジュラー設計を行っています。それにより、保守の複雑さを低減し、素早く正確な技術サポートとRMAサービスを提供します。そのため、ストレージシステムはダウンタイムから解放され、無停止運用を行え、結果として生産性と競争力が向上します。

Modular Design

アプリケーション
High Performance Computing
ハイパフォーマンスコンピューティング
Media and Entertainment
メディア&エンターテインメント
Database
データベース
Virtualization
仮想化
File Sharing
ファイル共有
Surveillance
監視
Backup and Archive
バックアップと保存
お問い合わせ

Infortrend営業担当へのお問い合わせ