We use cookies on this website. To find out more about cookies and how they are used on this website, see our Privacy Policy.
By clicking ‘Continue’, you hereby agree with our use of cookies.

ローカル/リモート
リプリケーション

堅牢なデータ保護とバックアップ

ローカル/リモートリプリケーションによりストレージ内/ストレージ間のデータバックが実行されます。システム障害や災害等によりソースストレージへのアクセスが不可となった場合にディスクベースによるリモートコピーを実行することにより短時間でストレージアクセスを復旧させることが可能となります。障害から復旧したソースストレージのリプリケーションソース機能を再開させる場合はリモートコピーによる差分データの復元を実行することにより、リプリケーションペアの同期が復旧します。


同期ボリュームミラー

同期ボリュームミラーによるリプリケーションは実行時に高いネットワーク帯域が必要となり、運用上クリティカルなデータのバックアップに適します。ホストからのデータライト時に確認応答がホストに送信される前にソースストレージ/ターゲットストレージ同時にデータライトが実行されます。

非同期ボリュームミラー

非同期ボリュームミラーはアーカイブデータ等のバックアップに適します。ホストからのライト実行はソースストレージだけに実行され、ターゲットストレージには即時にデータライトは実行されませんがリプリケーションペアが作成されるタイミングでデータライトが実行されます。ソースストレージはホストからのデータライト完了後に確認応答をホストへ送信します。非同期ボリュームミラーは同期ボリュームミラーと比較してストレージI/O性能へ与える影響は少なくなります。

ボリュームコピー

ボリュームコピーはアプリケーション開発向けストレージバックアップに適します。ソースストレージデータはターゲットストレージへ一度コピーされますが、その後ターゲットストレージデータは変更されません。ターゲットストレージにコピーされたデータは即時に利用することが可能です。

Robust Data Protection and Backup

特長と概要
  • ディスクベースデータコピーによるリプリケーションソース障害からの早期復旧
  • 短時間によるファイルリストアとロールバック
  • スケジュール機能とキャパシティ管理機能による高度なリプリケーション