EonStor GS シリーズ

SMB/エンタープライズ・NAS/SAN/クラウド・ユニファイドストレージ

EonStor GSシリーズはNAS/SAN/クラウド・ストレージサービスを統合するハイブリッド・ユニファイドストレージ製品です。マルチフォームファクタ・複数ホストボードオプション・高い信頼性と安定性を実現するハードウェアと、豊富なデータサービス、シンプルでユーザフレンドリなGUIを提供するソフトウェアにより構成され、SMBからエンタープライズクラスまでの幅広い市場に適応するストレージ製品です。データベース、仮想化環境、メディア編集、監視システム、クラウドサービス・ストレージ統合用途向けNASSANストレージ製品として最適であり、要求されるストレージ性能条件をコストパフォーマンスが優れた製品価格により提供します。

推奨モデル

ハイパフォーマンス・ストレージソリューション

EonStor GS 3000 / 2000シリーズはSMBからエンタープライズ市場向けに高いパフォーマンス性能を有するNAS/SANユニファイドストレージとして最適な製品です。多様なフォームファクタに対応し、最大4台搭載可能なオプションホストボードにより様々なアプリケーションやアーキテクチャ向けストレージへの適用が可能であり、高いストレージ拡張性能を有します。GS 3000 / 2000シリーズは8PB以上のデータサイズをサポートするため将来的なストレージ保存データの増加へ対応することが可能です。GS 3000シリーズはハイパフォーマンス・ストレージを求めるお客様へ、GS 2000シリーズはパフォーマンスとコストのバランスを求めるお客様向けに最適な製品です。

エントリーレベル・ストレージソリューション

EonStor GS 1000シリーズはROBOからSMBクラスへ適用するエントリーレベル・ユニファイドストレージ製品であり、NASSANワークロードをサービス停止させず、ファイル共有/ブロックストレージ/クラウド統合ストレージサービスを提供することが可能となります。GS 1000シリーズは4PB以上のデータサイズとオプション・モジュラーホストボードをサポートし、将来的なストレージデータ増加とシステムアーキテクチャ変更に十分に対応することができます。GS 1000シリーズは限定された予算内で汎用ユニファイドストレージ製品をお探しのお客様へ最適な製品です。

ミッションクリティカル向けハイスペック・ストレージソリューション

EonStor GS GS 5000 / 4000シリーズは非常に高いパフォーマンス性能とシステム拡張性能によりエンタープライズ市場向けハイパフォーマンス・ユニファイドストレージ製品として最適な製品であり、NAS/SAN/クラウド統合ストレージとして大量のIOを高速に処理するシステム要件を満たします。GS 5000は高いパフォーマンス性能、大きなデータサイズ、多くのホストインタフェースポートが要求されるストレージ製品として最適であり、GS 4000は高いパフォーマンス性能とコストのバランスを求めるお客様向けに最適な製品です。

製品の特長と機能概要
SAN+NAS+Cloud

NAS、SAN、クラウドを1システムにより統合するユニファイドストレージ

ITシステムで利用されるデータサイズは年々増加する傾向にあり、ストレージ製品は常にシステム更改の必要性に迫れます。EonStor GSシリーズはTBクラスからPBクラスまでのデータサイズをサポートし、ミッションクリティカルなアプリケーションから大容量データサイズが要求されるITシステム向けにNAS/SAN/クラウド統合ユニファイドストレージを1システムにより実現する製品です。

HDD vs SSD

ハイブリッド・ストレージアレイ

企業のITシステム管理部門では増加し続けるストレージデータサイズと、ITシステムへ適用させる様々なハードウェア製品の選択への対応に日々追われています。EonStor GSシリーズはハイブリッド・ストレージとしてSSDドライブとHDDドライブ混在時の機能として、SSDキャッシュストレージ自動階層化をサポートし、SSDの高いパフォーマンス性能とHDDの大容量データサイズを効率的にマネジメントすることが可能となります。アクセス頻度が高いデータを自動的にHDDからSSDへ移動させるためドライブ利用効率の向上をシンプルで容易なユーザインタフェースからの設定により実現することが可能となります。

Cloud Integration

クラウド統合ストレージ・ソリューション

オンプレミスとクラウドサービス間のストレージ統合は今後のITシステムのトレンド技術であり、EonStor GSシリーズはストレージに保存されるファイルレベル/ブロックレベルデータをユーザニーズに応じてパブリッククラウドサービスへコピー、バックアップを実行します。アクセス頻度が低いデータはリモートバックアップ実行によりクラウドサービスへ移動させ、アクセス頻度が高いデータのIOパフォーマンスを向上させる高可用性データセンタを構築することが可能です。

EonOne

シンプルでユーザフレンドリなGUI管理ソフトウェア-EonOne

EonStor GSシリーズ・ストレージ製品の機器設定、運用管理は専用GUI管理ソフトウェアEonOneにより実現されます。EonOneのマルチインタフェースデザインによりGSシリーズ製品のパフォーマンスや容量等をモニタすることが可能となり、ストレージ機能全般設定を容易に実行することが可能となります。

Host Interface

高いパフォーマンス性能と高速ホストインタフェース

高速インタフェースを有するシステムアーキテクチャ構築は企業ITシステムのトレンドとなっています。EonStor GSシリーズをSANストレージとして利用する場合、InfiniBand 56Gb/s、FC 16Gb/s、8Gb/s、SAS 12Gb/s、iSCSI 40Gb/s、10Gb/s等の高速ホストインタフェースをサポートし、NASストレージとして利用する場合、40GbE/10GbE/1GbE ホストインタフェースをサポートするため、SAN/NASストレージとして高速ホストインタフェースを介した高いパフォーマンス性能を提供することが可能となります。

Form Factor

多様なフォームファクタモデルのラインアップ

EonStor GSシリーズは2U12-bay、2U24-bay 、2U25-bay、3U16-bay、4U24-bay、4U60-bay等の多様なフォームファクタモデルをラインアップしており、パフォーマンス・コストから選定したシリーズ製品から将来的なデータサイズ増加を考慮した最適なフォームファクタモデルを選択することができます。

Modular Design

ケーブルレス・モジュラーデザイン

EonStor GSシリーズは電源、ファン、コントローラ、ホストボード等の全てのハードウェアコンポーネントがケーブルレス・モジュラー設計を採用しており、コンポーネント故障時のメンテナンス作業はホットスワップ対応コンポーネント交換により短時間で容易に作業を完了させることが可能となります。ハードウェアコンポーネントのケーブルレス・モジュラーデザインによるダウンタイムの無いシステム連続稼働が実現されるため、提供されるITサービスの信頼性、安定性を飛躍的に高めることが可能となります。

Cache Backup

キャッシュプロテクション機能

Infortrend キャッシュプロテクション技術はスーパーキャパシタとフラッシュモジュールにより予期せぬ電源障害発生時のキャッシュデータ保護を実現します。フラッシュモジュールへ保存されたキャッシュデータは電源復旧時にディスクドライブへリストアされます。スーパーキャパシタは定期的な部品交換は不要であり、ストレージシステムのメンテナンスコスト削減に貢献します。


GS Family Portfolio
Subscribe eNewsletter NOW to get the latest Infortrend news and information.
Note: the Global-English version will be sent instead if your subscribed language is unavailable.